みんなの洗面台のこだわり

毎日、洗面化粧台の前で髪型を整えたりお化粧をする方も多いと思います。
時間が無い時でも化粧台の前ならお化粧と髪型を同時に整える事が出来るから便利ですよね。
毎日使うものだからこそ使いやすく便利な洗面化粧台を使いたいものです。
洗面化粧台を選ぶ際にこだわりたいことがありました。それは鏡が
三面鏡になっているものです。
鏡が3枚に分かれており、閉めたらフラットだけれども両端の鏡が斜めに開くことで三面鏡の役割を果たしてくれる形です。
人はついつい前から見た自分を意識して身支度を整えますが、実際は横からや後姿も人から見られています。
三面鏡だと横から見た時に気づかなかった眉毛の形がよく分かりますし、チークの位置も確認しやすいです。
また、髪型を整える際も前から見た姿だけではなく、横から見た髪型や後頭部の髪型も綺麗にセットできているかチェックすことができます。
特に後ろの髪が自分では綺麗にブロー出来ていると思っていても、一部分跳ねている時があったりするのでチェックするのに便利です。
ブローする時も左右の鏡を見てブローする方が綺麗にまとまります。
そして、メイク道具やドライヤーやカーラーなども、
すぐ取り出せる収納量が多い洗面化粧台が便利です。
その場で
道具をすぐに取り出せることが出来て時間短縮できるからです。


毎朝、歯磨きをして身だしなみを整えて、と使用しない日は無いと思われる洗面化粧台。
鏡としてだけではなく、専用のライトも付いていてたくさんの収納スペースもあり、とても便利ですよね。
そんな毎日必ず使う洗面化粧台ですが、実はいくつか高さの種類があるのをご存知ですか。
実際に使用する際の洗面器(出てきた水を受ける陶器部分のことです。)の高さにより、おおよそ3種類に分類が可能なのです。
一見、そんなに違いは無いのではないかと思われがちな高さですが、
実際は非常に大切な選定のポイントとなるのです。
そんななかなか知ることが無い、洗面台の高さについてご説明します。

洗面台の高さは前述のとおり洗面器の位置に応じて3つの種類にわかれています。
高さが、750mm、800mm、850mmの3つのタイプがあり、その表記の通りの洗面台の高さが設定されています。
数値だけ見るとそんなに違いが無いように思うかもしれませんが、750mmと850mmでは約10cmもの高低差があり実際に使用してみると印象は大きく違います。
たとえば、背が低い人が850mmの洗面台を使用すれば蛇口位置が高く感じ、逆に背の高い人が750mmの洗面台を使用すれば
かなり前かがみにならないと使用が出来ないのです。
なかなか使用しない設備であれば、さほど気にならない違いかもしれません。しかし、洗面台は毎日必ず使用するものです。
違和感がある状態で使用を続ければ不快感はもちろんのこと、腰を痛めてしまったり、姿勢が辛く感じたりと不便になってしまうでしょう。

そこで、洗面台を設置・選定する際は、
色やデザインはもちろん重要ですが、その高さにもこだわりを持つことをおすすめします。
ずっと使い続ける物ですから、自身の使い勝手が良いような設備を選べるよう、気に入るサイズを見つけてみてください。


洗面台は、できればスッキリと、そして清潔に使いたいと思います。
しかし、実際は歯ブラシや歯磨き粉をはじめ、コップや髭剃りといった細々したものが絶対必要になりますよね。
中でもドライヤーの置き場に関しては、引っ越すたびに頭を悩ませました。
その上化粧水をはじめとする化粧道具がごちゃごちゃと加わるとなおさらです。なので私は、洗面台にも収納スペースを多く取ることをこだわっています。
鏡の裏のスペースはとてもありがたいですね。それと、洗面台の下にあるスペースに小物入れみたいな引き出しがあると、これまたうれしいです。
私はよくこの引き出しにドライヤーを入れていました。
たまにこういった引き出しがない場合は引っ掛けるような道具を買って使ってみましたが、これはちょっと顔を洗う時に邪魔になってしまいました。
また、洗面台の下に置きたい洗剤などのストックと取り出したい時にも、少し邪魔になると感じてしまいました。
鏡の裏や引き出しがあってもまだ足りない時には、カゴを使います。
本当はスッキリ使いたいので、洗面台の周りにものを置くのは好きではないのですが、本当に仕方がない場合には使います。
しかし、やはり見た目にもこだわりたいので、洗面台と同じ色のものを選んだり、蓋がついていて中身が見えず、一見スッキリしているようにします。
収納スペースに物は入れたいですが、毎日、そしてよく使うものに関しては、パッと取り出せる位置に置いておきたいですね。


僕の家の洗面台は髪の毛を梳くときに使う鏡で髪の毛をセットします。その他は歯磨きしたり顔を洗ったり洗面台がなかったら不便です。
女性は化粧したりするので洗面台に鏡がなければ不便です。洗面台の鏡に曇りガラスになっていてスイッチ入れないと曇ります。
洗面台に設置されているコンセントは充電にもなります。髭剃りにも鏡を使って剃ったり充電したり便利だと思います。
昔は洗面台がなかったころは風呂場でひげを剃ったり顔を洗ったり歯磨きしたり髪の毛を梳いたりしていました。
洗面台の下の引き出しはタオルとか
いろいろ収納できるので便利です。
洗面台が家の中にあるため、洗濯機が外にあって中に入れることがあれば、洗面台を壊してその場所に洗濯機を入れなければ
いけないから
洗濯機を家の中で使うことができないし、収納するとことがないので実際洗面台が風呂場の近くになければだめだとわかりました。

はっきり言って台所が狭いのが収納が難しいことになっているのがわかるので痛感しています。
今の家に住んで50年くらいになるので家の改造するのは
至難の業でもあります。
部屋の中で一番広くできないのは台所で台所の前が裏庭なんで洗濯物を干すのでなくす訳にはいかないです。






 

ジーンズオーダーメイド・革ジャン直し

レンジフード 交換工事

オーダーレザージャケット・革パン・革ジャン

キッチン換気扇 交換工事

沖縄(那覇)のハウスクリーニング・エアコンクリーニング

キッチン換気扇 交換